令和2年度第二回定例会一般質問全文掲載 

新型コロナウィルスが発生、流行するまで中野区だけではなく、国も都も各自治体もインバウンドや遠方からの観光客に対してのコンテンツありきの取り組みがこれまでの主な観光への概念であったかと思います。

しかし、この状況下でその失ってしまった観光客を取り戻すことは容易なことではなく、時間も非常にかかることであると思います。

今般の状況は、人々の移動も制限される中、在宅勤務や家事に追われながら自宅にこもる生活など急激な生活様式の変化で多くの方々が疲労を抱えております。

それに加え、都道府県レベルでの感染対策や、様々な行政施作が行われている現状下において旅目的の遠出などは、得策ではないかと思います。そこで地域内観光を推進することで、ウイルスが拡散するリスクを軽減しながら内需拡大型の観光需要を創出する必要があると考えます。

さらにその創出された観光需要が地域経済に貢献し、コロナウイルス収束後も見据えた観光のあり方を設計し、これまでの観光への概念を取り払い、何がこの中野区に適したものなのか考える必要があります。

星野リゾートが提唱する「マイクロツーリズム」というものが一つの考え方である思います。そのマイクロツーリズムは、地域の魅力というものにフォーカスをし、観光はもっと地域住民や企業、そして観光客が一緒に作り上げていくものになるべきとの考えの基に、日常型の観光のあり方を新たに作り出そうというものであります。

日常型の観光とは、まずその地域の住民が地域の魅力を十分理解し、発掘することから始まります。コロナ禍の移動制限をまちの魅力を再発見する良い機会と捉え、その住民たちが受け皿となり、観光客が普通に街を歩いていて、自身のアンテナで様々な発見の先に地域で触れ合いがあったり、参加ができるものに行き着く。そのようにアフターコロナにおいては、地元住民全員が観光大使と呼べるようなものがこれからの観光の潮流なのであろうかと思います。

そこでお伺いいたしますが、今後中野区における観光政策はどういったものを目指すべきなのか、区長はどのようなご意見をお持ちなのかお聞かせください。

そして地域住民がそういった活動を通して地域への愛着、我々は郷土愛と呼びますが、区長の言うところのシビックプライドにつながっていくのではないかとも考えます。

さらには、将来にわたってコロナのような非常事態になった場合でもそう簡単には、方向転換を強いられない本当の意味でのパワフルで不変的な観光政策が必要であります。

そういった意味でも先程来申し上げているように、現状下では、移動制限など新しい生活様式を強いられている今だからこそ、区民の皆様に地域から学び、地域の魅力を再発見をし、さらには、新しい仲間との出会いの場を創り出していただくことが、その後、中野において観光需要が広がった際にも選ばれるまち、魅力的なまちになっていくと考えるところで、そういった地域での取り組みが今後、先ほどの質問でも申し上げた、新たな生活圏域のエリアマネジメントの形成にも大きく寄与するものであると考えます。

そこから考えると、私は、昨年から再三申し上げて参りましたが、中野区が核となり、地域型のエリアマネジメントの創出、誘導をしっかり行っていくべきであると考えます。

区長ならびに担当部局の皆様に置かれましては、さらなるエリアマネジメント推進を心よりお願い申し上げ、私の一般質問とさせていただきます。

ご静聴ありがとうございました。


以上

詳細に関しては中野区議会議事録をご参照下さい。

中野区議会議事録検索へのリンク